学校長あいさつ

学校長あいさつ

 山口県立高森高等学校は、大正8年(1919年)4月創設の学校組合立女子技芸学校を起点とし、今年度、創立103年目を迎えています。この間、1万5千人を超える卒業生を輩出し、玖珂・周東地域の教育活動の中心を担い続けてきた、歴史と伝統を誇る全日制普通科高等学校です。
 そして、平成15年4月に山口県立高森みどり中学校を開校し、県内初の公立併設型中高一貫教育校として、勢いと活力のある学校づくりを推進しているところです。
 本校は、校訓「自律 敬愛 素心」や教育理念「多様な交流を創造し、生徒一人ひとりの夢を実現する学校づくり」を基盤として教育活動を展開するとともに、平成26年度には、「『夢 努力 志』 ―グローバルプレイヤーをめざして― 」を教育スローガンとして掲げ、夢をもち、努力し、志を立て、21世紀のグローバル社会をたくましく生き抜く人材を育成するという目標とその方向性を示しました。
 本校の特徴は、中学校と高校が常に緊密に連携できるという「併設型ならでは」の強みを生かして系統的な教育活動を展開し、生徒一人ひとりの力を伸ばすきめ細かな指導を行っていることにあります。特色ある学校行事や部活動、地域との交流活動等によって豊かな人間性と社会性を育みながら、確かな学力の育成に積極的に取り組み、進路実現に力を入れています。
 また、平成29年度からはコミュニティ・スクールとして、地域と連携した教育や地域に貢献する活動に積極的に取り組んでおり、地域から更に愛され信頼される学校となるよう努めているところです。
 高森みどり中学校・高森高等学校は、着実に成長しています。今後とも引き続き、生徒一人ひとりの夢の実現を力強く支援する学校として、積極的な教育活動を展開してまいります。

令和3年4月

山口県立 高森みどり中学校
山口県立 高 森 高等学校
校 長  梅 田 憲 和